MESSAGE

経済学部 長戸田 龍介

「真の実学」を学ぶ

経済学部長戸田 龍介

神奈川大学経済学部のホームページをご覧くださいまして、誠にありがとうございます。当ホームページをご覧の方の中には、受験生の方々やその保護者の方々もおられることと思います。そういった方々のご関心事は、神奈川大学経済学部に入学したらどんなことが学べるんだろう、というものではないでしょうか。ズバリ申しましょう。神奈川大学経済学部では、「ゼミの神大」と称されるほど充実したゼミナールを中心として、「真の実学」が学べます。

以下、そのことについて少し説明を加えたいと思います。わが神奈川大学経済学部の教育目標は、現代における内外の経済現象を正確に認識し、そこにおける課題を見つけ出し解決できる能力を持った人材を育成することにあります。ここに言う、「現代における内外の経済現象を正確に認識し、そこにおける課題を見つけ出し解決できる能力」を身につけることができる学問を、われわれ経済学部では「真の実学」と位置づけています。

さて、上記の教育目標、つまり「真の実学」を学んでもらうために、神奈川大学経済学部では、さまざまなメニューを提供します。そこでは、まず、内外の経済現象を正確に認識するために、経済学・経営学・商学の基礎学力を身につけるための、学部独自の初年次教育が行われています。その上で、これも学部独自のコース制専門教育により、経済学・経営学・商学の専門的知識を身につけることで、変化の激しい経済・企業活動における現代的課題を見つけ出す能力を養ってもらいます。

しかし、課題は見つけ出しただけではだめで、これを解決していかねばなりません。課題の解決は、一筋縄ではいきません。現代経済社会における課題の解決のためには、他人との協力が欠かせません。他人と協力するためには、コミュニケーション能力が欠かせませんが、こういったコミュニケーション能力の獲得・向上のためには、少人数教育が必須です。わが経済学部は、少人数教育の長所が最大限生かせるゼミナール教育を大変重視しております。経済学部のみならず、神奈川大学全体におけるゼミナール教育および活動がいかに充実しているのかは、「ゼミの神大」という評価がかつてよりなされてきたことからも明らかでしょう。

この、「ゼミの神大」と称されるほど充実したゼミナールを中心として、「真の実学」が学べるところこそ、当ホームページでこれから紹介する、神奈川大学経済学部なのです。多くの方々に、わが経済学部に興味を抱いてもらい、そしてできれば、共に学んでくれることを望んでおります。

経済学部 長戸田 龍介