COURSE IN INTERNATIONAL ECONOMICS AND SOCIETY

国際的な視点から現代経済を捉える

「グローバリゼーションの時代」といわれる今日、財、サービス、資本、労働力、文化の交流が地球規模で進み、諸国はますます緊密に結びつくようになり、国際的な相互理解の必要性が高まっています。国際経済・社会コースでは、経済大国から新興国まで、世界各地の経済および社会の知識を身につけ、世界経済のしくみとダイナミズムを理解します。理論的、歴史的、実証的に、国際比較を通じて国際経済・社会に対する理解を深め、国際的な視点から現代の経済を捉えることを目指します。

教員からの授業紹介

柳澤 和也准教授

開発経済学国際経済・社会コース指定科目

発展途上国の経済成長をどのように実現するか

開発経済学は、発展途上国に工業化と経済成長をいかに促していくかを考える経済学の一分野です。人間は、普通、より多くの所得をより安定的に手にしていく状況をつくりだしたいと望んでいます。国や民族を問いません。しかし、発展途上国で暮らす人々のそうした思いは、資本の不足や諸制度の不備、あるいは伝統的価値観の妨げなどの様々な要因によってしばしば打ち砕かれています。発展途上国に工業化と経済成長を促す枠組みを提起したい開発経済学では、経済学の基礎となるミクロ経済学やマクロ経済学をはじめ、それらを応用した国際経済学や都市経済学などの知識、さらには法学、社会学、歴史学、人口学などの周辺社会科学分野の素養も求められます。開発経済学は、何よりも多角的な視野からの接近を必要とする科目であると認識してください。

高校生へのメッセージ

今日の経済活動は、国境を越えて強く結びついています。開発経済学がコース指定科目となっている国際経済・社会コースでは、国際経済の仕組みとその動向について学ぶ科目にはじまり、国際経済の動向に多大な影響を及ぼす主要地域と主要国の経済について学ぶ科目が配置されています。国際経済・社会コースを選択してこれらの科目を集中的に履修すれば、国際社会や日本社会が抱えている困難をよく理解できるだけでなく、学生や社会人として今後直面するに相違ない様々な難題への対応力が身につきます。

コース指定科目一覧

コース指定科目は、コースを選択した学生が優先的に履修するように推奨される科目です。

2年次 前学期 2年次 後学期 3・4年次 前学期 3・4年次 後学期
アジア経済論Ⅰ アジア経済論Ⅱ 国際金融論Ⅰ 国際金融論Ⅱ
アメリカ経済論Ⅰ アメリカ経済論Ⅱ 中東政治経済論Ⅰ 中東政治経済論Ⅱ
ヨーロッパ経済論Ⅰ ヨーロッパ経済論Ⅱ 開発経済学Ⅰ 開発経済学Ⅱ
国際経済学Ⅰ 国際経済学Ⅱ ラテンアメリカ経済論Ⅰ ラテンアメリカ経済論Ⅱ
西洋経済史Ⅰ 西洋経済史Ⅱ ロシア経済論Ⅰ ロシア経済論Ⅱ
世界経済論Ⅰ 世界経済論Ⅱ 貿易政策 国際経済関係論
中国経済論Ⅰ 中国経済論Ⅱ    
貿易論Ⅰ 貿易論Ⅱ    

※2018年度以降入学者用

教育課程表・シラバス

国際経済・社会コース 教育課程表(2018年度) 神奈川大学シラバス・履修要覧 神奈川大学シラバス・履修要覧