RESEARCH FIELDS

経済学研究科では、多様な領域の研究に対応するため、流通マーケティング・経営コース、会計・財政コース、国際経済コース、公共政策コース、経済思想・経済史コースの5コース制を導入しています。また、自身の研究したい分野に合わせて、必要であれば研究科の教員が担当する学部の講義や他専攻・研究科の講義を受講することも可能です

流通マーケティング・経営コース

流通マーケティング・経営コースは、企業経営を担う高度専門職業人を養成することを目的に設けられました。企業経営には多様な専門領域が必要となります。このコースでは、経営の管理、組織、そして戦略の理論と実践を学べるだけでなく、流通・物流・マーケティングの理論と実践も学ぶことができます。理論に基づいた実学的分野を広く学ぶことで、ビジネス社会に適応可能な高度専門職業人として成長することが期待されています。

会計・財政コース

会計・財政コースは、税理士を中心とした会計専門職を目指す学生のために設けられました。このコースは、現役税理士から講義を受けたり、税理士事務所を訪問したりして、経理の現場の雰囲気も知ることができるようになっています。本コースは、会計学および財政学を専門とする教員が担当します。いずれかの分野を選択してもらい、その分野において修士論文を書き上げていくための指導を行っていきます。

国際経済コース

国際経済コースは、国際ビジネスマンや研究者を目指す大学院生のために設けられました。このコースには、貿易・海外投資・国際金融・多国籍企業といった国際経済を学ぶ上で基礎となる知識の修得を目的とする科目にはじまり、諸外国や経済協力機構の動向を学ぶ科目、国際経済ビジネスで不可欠となる知識やノウハウを修得するための科目などが配置されています。理論・実務・国際事情をバランスよく学んでいくことが必要です。

公共政策コース

公共政策コースは、公的機関専門職や研究者を目指す学生のために設けられました。このコースには、ミクロ経済学・マクロ経済学・計量経済学・統計学といった公共政策に必要な分析ツールを修得するための科目にはじまり、経済政策・金融論・地域経済学・環境経済学などの現実の公共政策に有益な科目が配置されています。また、分析ツールを学ぶためには、数学や統計の知識が必要とされます。このため、経済数学・経済統計などの科目も学んでいくことが求められます。

経済思想・経済史コース

学問の中核は、理論と歴史にあります。その意味で本コースは経済学の中核を学ぶコースということになります。人類の残したさまざまな理論的・歴史的世界を知ることで、現在の私たちが直面している諸問題を解決する糸口を見いだすことが、本コースの研究テーマとなります。基礎的分野である以上、当然ながらいわゆる実学とは異なり、研究テーマがすぐに一般企業への就職につながるというものではありません。しかし、基礎的研究を行うことは、最終的には就職、さらには本格的な研究職への道を開くことでしょう。