DISCUSSION PAPER SERIES

2018年3月

No. 2017-4

Nobuo Iizuka
Nowcasting gross domestic product in Japan using professional forecasters’ information

2017年12月

No. 2017-3

小川浩
「結婚の価値を最大化する初婚年齢と結婚タイミング」

2017年9月

No. 2017-2

Nobuo Iizuka
Forecast disagreement and business cycles
– Evidence from 12 years of ESP Forecast Surveys in Japan –

2017年4月

No. 2017-1

小川浩
「分娩施設集約化と産科医の負担-休息時間からの医師需要推定-」

2017年1月

No. 2016-2

Yoshihiro Tamai, Chihiro Shimizu, Kiyohiko G. Nishimura
Aging and Property Prices: A Theory of Very Long Run Portfolio Choice and Its Predictions on Japanese Municipalities in the 2040s

2016年11月

No. 2016-1

小川浩
「女性の初婚行動と結婚の価値」

2016年3月

No. 2015-2

小川浩
「女性の主観的最適初婚年齢と結婚行動-なぜ20代の結婚は減少したか-」

2015年10月

No. 2015-1

小川浩
「将来所得のオプションバリューと結婚行動-なぜ20代の結婚は減少したか-」

2014年4月

No. 2014-1

小川浩
「実質所得の低下タイミングと結婚行動(改訂)」

2014年3月

No. 2013-6

Yoko Moriizumi
“Overview of Housing and Mortgage Markets in Japan”

2014年3月

No. 2013-5

小川浩
「医療機関集約化は本当にアクセスを悪化させるか–分娩取扱医療機関集約化シミュレーション–」

2014年3月

No. 2013-4

五嶋陽子
「ルーズベルト政権下の再編」

2014年3月

No. 2013-3

Eisei Ohtaki
“Asymmetric Liquidity Shocks and Optimal Monetary Policy”

2013年8月

No. 2013-2

小川浩
「実親所得の低下タイミングと結婚行動」

2013年8月

No. 2013-1

五嶋陽子
「インドの税制改革-企業・未分割家族・農業所得の観点-」

2013年1月

No. 2012-4

小川浩
「周産期医師の需給推計-医療サービス水準に応じた医師数を考える-」

2012年9月

No. 2012-3

飯塚信夫
日本の輸出入関数の再検討-貿易赤字の持続性に関するシミュレーション-

2012年6月

No. 2012-2

五嶋陽子
「占領下日本における人的控除の国内的帰結」

2012年4月

No. 2012-1

西村陽一郎
「未利用特許と企業の収益性に関する統計学的分析」

2012年1月

No. 2011-3

五嶋陽子
「所得課税の基本問題-課税単位と扶養控除」

2011年10月

No. 2011-2

Toshihiro Shimizu
Heterogeneity of Expectations and Financial Crises
— A Stochastic Dynamic Approach–

2011年6月

No. 2011-1

西村陽一郎
「企業の特許出願戦略の理論分析:未特許出願に注目して」

2011年1月

No. 2010-4

小川浩
「産科医療のこれから-医療サービス水準に応じた医師数および医療機関配置-」

2010年8月

No. 2010-3

西村陽一郎
「企業の特許利用行動に関する一考察」

2010年7月

No. 2010-2

西村陽一郎
「ICT 利活用に関する国内分析及び国際分析」

2010年3月

No. 2010-1

Yoko Moriizumi,Michio Naoi
“Unemployment risk and the timing of homeownership in Japan”

2010年3月

No. 2009-5

西村陽一郎
「企業秘密と企業の収益性・持続的競争優勢性:特許化をベンチマークとして」

2010年3月

No. 2009-4

西村陽一郎
「特許戦略の経営・経済分析に関する分析フレームワーク」

2009年9月

No. 2009-3

Tadaaki Yoshioka
“Representation of Economic Allocations by Social Equilibrium in the Two-Agent Case”

2009年9月

No. 2009-2

西村陽一郎
「国内特許ファミリーの決定要因」

2009年8月

No. 2009-1

西村陽一郎
「米国における特許利用の実態に関する一考察」

2008年9月

No. 2008-5

五嶋陽子
「日本の医療費控除制度――シャウプ勧告の意図と実態分析――」

2008年3月

No. 2008-4

Yoko Moriizumi, Piyush Tiwari and Norifumi Yukutake
“Smoothing consumption fluctuations through decisions on home improvement expenditure by liquidity constrained households: An analysis of mortgage borrowers and elderly in Japan”

2008年3月

No. 2008-3

Chikayoshi Nomura
“What Hampered Export Oriented Growth of Industrial Enterprise in Colonial India ?:  Influence of British Standard Specification on Tata Iron and Steel Company’s stagnated growth in the 1930s”

2008年5月

No. 2008-2

Chikayoshi Nomura
“Origin of Controlling Power of Managing Agents over Modern Industrial Enterprise in Colonial India”

2008年5月

No. 2008-1

Chikayoshi Nomura
“Change in Sources of Industrial Financing due to Voltatility in Stock Exchanges in Colonial India”