INTERVIEWS ABOUT STUDENT LIFE

経済学科

臼井 寛人さん
臼井 寛人さん

経済分析専攻 政策分析コース茨城県立緑岡高等学校 出身

実践的な授業で進路に直結

経済学部の授業では、経済分析専攻の「ロジカルシンキング」が印象に残っています。この授業では、私たちが日常生活で直面する事例を用いて、データや資料の読み取り方を学修しました。教科書に解法が書かれていない社会問題の解決にも授業で学んだことを生かせる体験ができ、楽しかったです。また、卒業後の進路として公務員を志望していたため、「ミクロ経済学演習」や「マクロ経済学演習」といった授業も試験対策として役立ちました。公務員試験ではこうした授業での学修の成果を発揮することができ、卒業後は地元の県庁で働けることとなりました。

少人数学習で多様性の理解を深める

ゼミナールでは、人口減少を改善する方法を考察し、政策を提案しました。私の所属するゼミでは、テーマごとにグループをつくり政策を提案し、政策が問題解決になっているかについて、他のグループと議論をしました。高校生の頃は、議論するとき、自分と異なる意見を理解できないことが多かったのですが、ゼミ活動を通して、一つの問題に対して多様な意見があり、どれも根拠があるということを学ぶことができました。また、ゼミ活動以外でも、経済分析専攻は少人数で授業を受けるため、友達ができやすく、自分と意見の違う人と深く話し合う機会に恵まれていると思います。

現代ビジネス学科

宮本 真依さん
宮本 真依さん

経営・マーケティングコース私立相模女子大学高等部 出身

知りたいことをとことん突き詰めてみる機会に

受験生の時、将来どんな仕事に就きたいか考えてた時に、化粧品が好きなこともあって、外資系のラグジュアリーブランドで働けたらと思いました。そこで、各国の慣習や歴史、経済状況を知っておくとビジネスで役に立つのではないかと思い、現代ビジネス学科に進学しました。
三島先生の人的資源管理論は、賃金と労働の天秤をどのように保てば、労働者はリーダーについてきてくれるのかなど、考えさせられる授業でした。また、就職活動の話や人間性を含めて熱心に講義してくれていたので、毎週待ち遠しい授業でした。
ゼミは浦上ゼミに所属し、特に関東ゼミナール大会での研究発表は、大学生活の中で一番頑張りました。私たちの研究グループは、フードロスについて100人の大学生にアンケート調査を行った上で、海外の取り組みを踏まえてプレゼンしました。

大学での出会いを通じて価値観が変わっていくのを楽しむ

大学に入る前、一番の心配事は「友達ができるのだろうか」「大学に馴染めるのだろうか」という悩みでした。私は元々人見知りで、人前に出てプレゼンするなど考えられませんでした。でも、今ではゼミのおかげなのか、人前で意見を言ったり、討論できたりできるようになりました。後輩の皆さんには、大学で好きなことを思いっきりやってほしいです。好きなことをやっていくうちにやりたい仕事や勉強したいことが目に見えるようになっていきます。受験生の時、一体自分は何がしたいのだろう、どこへいけば正しいのだろうと思い込んでしまう方も多いのではないかと思います。でもそれは私も一緒でしたし、きっと周りの人も同じなので、どうか焦らずに楽しんで分岐点を選択していってください。