佐藤 睦朗 ゼミナール

研究課題 経済ゼミナールⅠ「歴史と現代」
経済ゼミナールⅡ「西洋経済史理論の研究」
経済ゼミナールⅢ「卒論研究」

研究内容

経済ゼミナールⅠ

このゼミでは、西洋経済史の視点から歴史と現代を考察することを目的とします。2022年度の経済ゼミⅠの輪読書は、以下の通りです。

■角山栄『茶の世界史 改訂』中公新書、2017年 (初版は1980年刊行)

上記の本の初版は1980年に出されています。すでに40年以上も前に刊行された本ですが、決して色あせることのない社会経済史の名著です。この本の輪読を通じて、世界経済や資本主義の歴史、あるいは現代の市場経済について考えることにしたいと思います。

また、これとは別に、毎回冒頭の15~20分ほどを使って、スウェーデンでのニュース報道について紹介をして、それに基づいて議論を行うことにします。私自身はスウェーデン経済史を専攻している関係で、ほぼ毎日スウェーデンのテレビ・ラジオニュースを視聴しています。そこで得られた情報をもとに、日本の状況を考える一助として、スウェーデン社会・経済のあり方について考察・検討をしたいと思います。

ゼミⅠ(開講曜日時限は月曜日2時限)では、毎回担当者を決めて、上述の輪読書に関する報告を求めます。報告者は、前日(日曜日)の夜までに報告レジュメをWebClassに提出することになります。報告者以外の人も輪読範囲を予習する必要があります。月曜日2時限ということで、出席することはそれなりに大変かとは思いますが、休まずに出席することが望まれます。

本ゼミでは、経済史Ⅰ・Ⅱ、および西洋経済史Ⅰの知識を前提とします。このため、2021年度に経済史ⅠないしはⅡの単位を修得しているか、あるいは2022年度前期に西洋経済史Ⅰを履修していることを選考応募の前提条件とします。

経済ゼミナールⅡ

2022年度経済ゼミⅡa(前期)には、2021年度後期の経済ゼミⅠに引き続き、有斐閣アルマの『西洋経済史』の輪読を進めます。対象とするのは、経済のグローバル化について書かれた部分です。2021年度の経済ゼミⅠと同様に、毎回輪読範囲を決めて、検討を進めていきます。後期の経済ゼミⅡbでは、経済史や世界史に関連した本を各自が取り上げて、個別に報告する形式にする予定です。

なお、2022年度経済ゼミⅡaとⅡbの開講曜日時限は、火曜日3時限です。

経済ゼミナールⅢ

2022年度のゼミⅢでは、これまで学んできたことをふまえて、各自が卒業論文を作成することを課題とします。各自で設定したテーマに関連した内容の報告を逐次求めます。2022年度の経済ゼミⅢは、木曜日3時限の開講となります。

指導方針

経済ゼミナールⅠ

プレゼンテーションおよび質疑応答の参加状況(貢献度)を考慮して、成績評価をつけます。輪読範囲をまとめて報告することは、それなりに大変な作業であると思いますが、頑張って取り組むようにしてください。

経済ゼミナールⅡaとⅡb

報告内容、出席状況、および議論への参加状況(貢献度)を考慮して、成績評価をつけます。

ゼミナールⅢ

卒論の事前発表と提出された卒業論文で成績評価を行います。

担当教員プロフィール

専門分野 近代スウェーデン社会経済史。19世紀のスウェーデンにおける農業革命や農村社会、農民層の家族戦略に関する研究を行っています。
主要業績 「18-19世紀スウェーデンにおける家産継承と親族」『比較家族史研究』第30号(2016年)
「18~20世紀スウェーデンにおける世襲農場の成立過程」(加藤彰彦・戸石七生・林研三(編)『家と共同性(家族研究の最前線①)』日本経済評論社、2016年、所収)
「18~19世紀のスウェーデンにおける農業革命」「19~20世紀初めにかけての北欧からの海外移民」(北欧文化協会/バルト=スカンディナヴィア研究会/北欧建設・デザイン協会[編]『北欧文化事典』丸善出版、2017年、所収)
「19世紀フェーダ教区における農民農場の借地契約書」『(神奈川大学)商経論叢』第53巻第4号(2018年)
「スウェーデン農村史・農業史研究における電子化史料」『北欧史研究』第35号(2018年)
「18世紀のフェーダ教区における開放耕地制」『(神奈川大学)商経論叢』第55巻第1・2合併号(2019年)
村井誠人・大島美穂・佐藤睦朗・吉武信彦(編)『映画の中の「北欧」:その虚像と実像』小鳥遊書房、2019年
「1860年代のフェーダ教区における土地整理」『(神奈川大学)商経論叢』第56巻第2・3・4合併号(2021年)
担当講義名 西洋経済史Ⅰ・Ⅱ。

教員より新ゼミ生へ一言

2022年度の経済ゼミナールⅠのテーマは、2021年度とは異なり、「歴史と現代」としました。「茶」という具体的な「商品」を通じて世界経済や資本主義の歴史について考え、現代経済を知る一つの手がかりをえる努力をしたいと思います。先に研究内容の部分でもふれた通り、2021年度に経済史ⅠないしはⅡの単位を修得しているか、あるいは2022年度前期に西洋経済史Ⅰを履修していることが、本ゼミの選考に応募するための条件となります。

選考方針

面接により選考を行います。問題関心がゼミのテーマと合わなければ、皆さんにとって大変な不利益が生じますので、十分に話し合ってから決めることにしたいと思います。西洋経済史や世界史に関心を持ち、勉学に熱意をもつ学生の応募を期待します。

ゼミナール一覧へ戻る