大島 朋剛 ゼミナール

研究課題 経済ゼミナールⅠ「企業はどうやって儲けてきたのか?」
経済ゼミナールⅡ「グループでチャレンジする経営史研究」
経済ゼミナールⅢ「卒業論文制作」

研究内容

経済ゼミナールⅠ

2年次のゼミは、3年次以降のゼミへの導入として位置づけられる。各自興味を持つ企業を取り上げた上で、その企業がこれまでどのようにして経営を行い、他社と競争しながら業界における地位を築いてきたのかについて、企業分析にもとづいた報告を行い、その内容をレポートにまとめることが到達目標となる。またそのための準備として、半年間のゼミの前半期には、経営学の基礎的知識や企業の財務分析方法について、テキストの輪読とグループ討論を行いながら学習する。

経済ゼミナールⅡ

3年次のゼミは、①テキスト(専門書)の輪読、②インターゼミナール(インゼミ)への参加とその準備、③懸賞論文への投稿、④卒論の準備、を柱として進められる。

前期は、テキストの輪読とインゼミの準備(グループワーク)を行う。テキストの輪読では、企業発展の歴史について、経済や政治、文化などもふまえつつ、様々な角度から検討する。輪読は、毎回報告者を定めるが、全体で議論を行うために報告者以外にも課題が課される。グループワークは、9月頃に予定している他大学との研究発表会・討論会(2021年は九州大学、同志社大学との開催)や、神大フェスタにおけるゼミナール合同発表会(2022年から参加予定)への準備とグループ論文の執筆が中心となる。

後期には、テキストの輪読の続き、10月後半に締め切られる『かながわ論叢』への論文の投稿(2021年には本ゼミ学生の論文から佳作1、努力賞2の計3作品が選出された)、グループワークのまとめとなるゼミ論集の作成(1月~2月)を行う。また、4年次には就活も忙しくなるので、卒業論文の準備を少し前倒しして行う必要があると考える。テーマを模索するだけでなく、扱う資料や論理構成等まで含めて、より具体的な準備を行ってもらいたい。

経済ゼミナールⅢ

各自が3年次に設定したテーマに基づき、調査・研究を進め、卒業論文を完成させることが、4年生ゼミの到達目標となる。

4月~7月:データ、資料の収集およびその整理と分析、8月~9月:詳細な構成の確定、10月~11月:論文の執筆と初稿の提出、12月初旬:教員によるコメントをふまえた修正、12月中旬:卒論完成、1月:論文集の作成、という計画を予定してほしい。なお、ゼミでは各自卒論に関する進捗状況の報告を行う。

指導方針

ゼミナールにおける遅刻・欠席は原則として認められない。また合宿や調査、インゼミ参加などの課外活動(担当教員は近現代日本経済史および経営史を専門としているが、具体的には日本の酒造業についてその生産・流通・消費に関する研究を行っている。それらに関連した工場見学やフィールドワークも計画している)への参加が必須となるが、部活やサークル、アルバイト等がそれらに優先されることはない。

評価は、ゼミへの貢献度(議論への積極的な参加、輪読やプレゼン報告への事前準備、グループ学習や課外活動等におけるリーダーシップの発揮など)と提出される課題(輪読のレジュメ、グループ論文や卒論)によって行われる。

個別・グループの報告に際し準備する資料作成のために、大学図書館はもちろんのこと、国立国会図書館や県内外の公共図書館、他大学の図書館等の利用は必須となるが、その方法については適宜情報提供を行う。

指導教員プロフィール

専門分野 日本経済史、酒類産業史、流通史。
主要業績 『国分三百年史』(共著)、国分株式会社、2015年。
「明治期における清酒流通の構造変化とその担い手」『歴史と経済』第194号、2007年1月。
「灘酒造家による商標の統一化と販売戦略の変化」『経営史学』第43巻第2号、2008年9月。
「戦前期灘中規模酒造家による桶取引の分析」『社会経済史学』Vol.74、No.6、2009年3月。
「灘酒造家による事業の多角化と資産管理―辰馬本家を事例として―」『企業家研究』第7号、2010年10月。
担当講義名 経営史Ⅰ・Ⅱ、FYS。

選考方法

  1. 研究室もしくはオンラインで行う説明会に参加の上、エントリーシートを受け取る。
  2. エントリーシートと「学業成績通知表」の2点を期日までに所定の方法で提出する。
  3. 応募者全員に対して個人面接を実施する。なお、面接日時は事前に通知する。

ゼミナール一覧へ戻る