木庭 俊彦 ゼミナール

研究課題 経済ゼミナールⅠ「流通史研究Ⅰ」
経済ゼミナールⅡ「流通史研究Ⅱ」
経済ゼミナールⅢ「卒業研究・論文作成」

研究内容

流通・商業という経済活動は、生産と消費とを結びつける役割を果たしており、私たちが豊かに生活していくうえで必要不可欠なものです。「流通史」とは、そうした流通の仕組みとその変化を過去にさかのぼって明らかにしていく学問です。

本ゼミナールでは、近現代の日本における商品流通について、以下の3つの視点から考察し、いまの流通および商業のあり方が、どのように形成されていったのかを理解していきます。

  1. 流通の担い手の変遷(商家・企業経営、マーケティング)
  2. 流通の変化と人々の暮らし(消費生活)
  3. 流通政策およびインフラ整備(制度、交通)

経済ゼミナールⅠ

ゼミナールⅠでは、流通の歴史に関する基礎的な知識を身につけるために、比較的に身近なケース(商品、地域、企業に関する歴史)を取り上げた文献を輪読する予定です。また、現代日本の社会問題に関するトピックについても必要に応じて取り上げることもあります。

なお、資料を調査・収集・作成する能力を高めるため、本ゼミでは発表者以外にもレジュメの提出をもとめます。また、積極的に意見が交換できるようグループ・ディスカッションに取り組みます。

経済ゼミナールⅡ

流通史の具体的な分析方法について学んでいきます。専門書の輪読とグループ研究を同時に進めていく予定です。グループ研究では、各グループで自由にテーマを設定し、研究発表および論文作成に取り組んでいきます。

また、後期からは個別の卒業研究の準備にとりかかります。テーマの設定だけでなく、資料の調査・収集に関する計画、論理構成についても議論する場をもうけます。

経済ゼミナールⅢ

これまでの研究成果をまとめ、卒業論文を作成していきます。

指導方針

指導教員プロフィール

専門分野 流通史・交通史・石炭産業史
主要業績 三井文庫編『史料が語る 三井のあゆみ』(共著)2015年
「佐世保の商港機能」(北澤満編著『軍港都市史研究・Ⅴ・佐世保編』清文堂出版、2018年所収)
「明治期の三井三池炭鉱と帆船輸送」『三井文庫論叢』第47号、2013年12月
「戦間期の筑豊石炭産業における港湾荷役」『経営史学』第46巻4号、2012年3月
「戦前期の一杯船主と石炭輸送」『歴博』168号、2011年9月
「太平洋戦争期における機帆船海運」『歴史と経済』第204号、2009年7月
「瀬戸内海における帆船海運業と筑豊炭鉱企業」『社会経済史学』第73巻4号、2007年11月
担当講義名 流通史Ⅰ・Ⅱ、FYS

選考方法

以下のとおり予定しています。

  1. エントリーシートをゼミ説明会で配布します。
  2. 必要書類(エントリーシートなど)を期日までに所定の場所に提出してください。
  3. 書類をもとに面接を実施します。

ゼミナール一覧へ戻る