飯塚 信夫 ゼミナール

研究課題 経済ゼミナールⅠ 「日本経済をつかむ」
経済ゼミナールⅡ 「日本経済をさぐる」
経済ゼミナールⅢ 「日本経済をかたる」

研究内容

日本経済は様々な課題を抱えており、2020年に入ってからはコロナ禍で感染防止対策と社会経済活動の両立も求められています。学生の間は実感が薄いかもしれませんが、多くの人は間もなく「就活」を通じて、経済の荒波を実感することになるでしょう。皆さんは悪天候の下でもしぶとく、したたかに生き抜いていかなければなりません。このゼミナールでは、企業の決算データを中心とした様々なデータや出来事などから日本経済をとらえることを通じ、「経済を見る眼」を養ってもらいたいと考えています。

指導方針

経済ゼミナールⅠ

ゼミⅡに向けての基礎体力養成期間です。2021年度は、奈良沙織『企業評価論入門』(中央経済社)を用いて、経営分析の基礎を学んでもらいました。期末には、各人が選んだ企業に関して、企業レポートを書いてもらい、ゼミ誌にしました。

経済ゼミナールⅡ

前期は日本経済新聞社が開催する「全国学生対抗円ダービー」に参加し、為替レート予測を通じて、生きた経済を学んでもらいます。また、前期・後期を通じて「日経Stockリーグ」に参加し、投資テーマを自ら考え、それに合った上場企業を探し出し、経営分析に取り組んでもらいました。

経済ゼミナールⅢ

ゼミⅠ、ゼミⅡの成果を生かし、卒業論文に取り組んでもらいます。

なお、他大学との合同ゼミを1回行いました。研究内容を発表し合い、学生同士が交流することで視野を広げてもらいました。

指導教員プロフィール

専門分野 日本経済論、経済予測論、経済統計学
主要業績 『景気循環と景気予測』(共著)東京大学出版会、2003年
『EViewsによる経済予測とシミュレーション入門』(共著)日本評論社、2006年
『超長期予測 老いるアジア』(共著)日本経済新聞出版社、2007年
『日本経済の構造変化と景気循環』(共著)東京大学出版会、2007年
『世界同時不況と景気循環分析』(共編著)東京大学出版会、2011年
『経済時系列分析ハンドブック』(共著)、朝倉書店、2012年
『入門・日本経済(第6版)』(共編著)、有斐閣、2020年
担当講義名 経済入門、現代日本経済論(学部)、日本経済特論ⅠA・ⅠB(大学院)

教員より新ゼミ生へ一言

2011年から神奈川大学の教員になりました。それまで25年間、新聞社に勤務していました。前半の13年間は記者・編集者として働き、後半の12年間は関連のシンクタンクで経済分析・経済予測に従事しました。ゼミではこうした経験も折に触れてお話できればと思っています。

まだまだ歴史の浅いゼミナールです。2014年3月に初めて卒業生を送り出したところですのでOB・OGもまだ少なく、ゼミに入れば即、就職に有利になると短絡的に発想する人には向かないゼミだと思います。ただし、ゼミ活動を通じて日本経済、企業を実践的に観察していくので、しっかり学んでもらえれば結果的に就職活動に役立つかと思います。ゼミの運営は、ゼミ生の皆さんと相談をしながら行います。与えられることを待つのではなく、自ら求め、行動していく積極性を期待し、一緒にゼミの歴史を作っていく気概のある、チャレンジ精神旺盛な人を歓迎します。

OB・OGより一言

  • 専門商社に勤務しています。飯塚ゼミの経験が社内外での調整力や模索力、思考力に繋がっていると実感します。飯塚ゼミでは、確かに受け身だと課題地獄で疲弊しますが、優しい飯塚先生をいい意味で困らせるくらい質問や相談を主体的に投げまくって下さい。フィードバックの数だけレベルアップするので、損は絶対にしないです(6期生、Sさん)。
  • 総合商社に勤務し、その中で保険業務を行なっております。飯塚ゼミでは毎週えぐい課題があります。学生時代は与えられた課題に対し、自分の答えを裏付ける情報を探し出すことが苦しいと毎週思っていました。社会人になった今、仕事柄少しでも間違えたことは話せないのですが、日々の業務に何ら苦も無く取り組めております。飯塚ゼミでは経済を学べることはもちろんですが、社会人としてもいいスタートを切るための準備の場でもあったと今になり強く思います。学生時代は遊ぶことが一番ですが、社会人として少しでもいいスタートを切りたいと思うのであれば飯塚ゼミでの時間は自分の力をつけることにつながると思います(6期生、Oさん)。
  • 信用金庫に勤務しております。ゼミ選びで大切にしていることはなんですか?私は、先生の雰囲気と課題の大変さを重視しました。優しく教えてくれる先生のもとで思いっきり勉強がしてみたいと思っていたのでこのゼミを選びました。飯塚先生は温かい人です。勉強から就活まで全面的にサポートしてくれます。飯塚ゼミでより豊かな学生生活を送りましょう!(7期生、Sさん)。
  • IT関連の企業で勤務しております。飯塚先生は心の広い人です。4年の時に1年休学した私を、休学後にゼミに迎え入れてくれました。ゼミはグループ活動が多く、学問以外でも学べることが沢山あると思います。就活の面接でゼミについて話す際には、話題に事欠きませんでした(8期生、Sさん)。

選考方法

ゼミナールⅠの応募条件は、経済学科の学生は「現代日本経済論」、現代ビジネス学科の学生は「日本経済論Ⅰ・Ⅱ」(両方とも)の単位を修得していることです。1年で履修したが単位を取得できなかった人、2年前期で履修中という人は対象外になりますので注意してください。

エントリーシートと面接で選考をします。選考に関する詳しい情報は、説明会でお話します。

ゼミナールⅡはゼミⅠから、ゼミナールⅢはゼミⅡからの継続を原則とします。

ゼミナール一覧へ戻る