メニュー 

神奈川大学経済学会概要

神奈川大学経済学会は、1950年に設立された商経法学会を前身とし、1965年4月に法経学部が法学部と経済学部に改組されたことに伴い、新たに経済学会として発足した自主的研究団体です。

経済学部の教員・学生の研究および研究を通した教育活動を支援することを目的とし、経済学部の教授、准教授、助教、特任教員からなる教員会員と、経済学部および第二経済学部在学生、大学院経済学研究科に在籍する大学院生からなる学生会員で構成されます。

神奈川大学経済学会では、次のような活動を行なっています。

  1. 季刊誌「商経論叢」を発行します。
  2. 学生会員を対象に懸賞論文を募集し「かながわ論叢」を発行します。
  3. 経済学会ニュース」を定期的に発行します。
  4. 教員会員の主催する研究会・講演会に対し、後援の立場で助成します。
  5. 教員会員の研究・調査の成果の刊行への助成を行います。
  6. 学内外の学会・機関と協力し研究の交流をはかります。
  7. その他、学会の目的を達成するために必要な事業。