メニュー 

インテンシブ・プログラム〔情報〕ガイダンス資料 2017

[2017年12月26日]

インテンシブ・プログラム(情報)は,経済学部の学生を対象として開講されている,コンピュータに関する基礎知識と応用技術の習得,および社会・経済データの処理を中心とした実践的な情報教育科目群のことです。所定の単位を修得すれば,修得単位は経済学部の卒業要件単位としても算入することができます。プログラムの履修希望者が多い場合は,履修人数が制限されますので,あらかじめご承知おきください。

I インテンシブ・プログラム〔情報〕の履修要件と履修の手引き

  1. 履修者の決定とプログラムへの登録
    履修希望者は,1年次において「コンピュータ概論」(半期・2単位・コース科目)を履修して一定以上の成績(原則70点以上)を収めることが必要です。
  2. 履修方法と留意点
    1. 2年次(1,2年間の両コース)・3年次(2年間コースのみ)で履修するものとし,決められた時間割で履修登録することとします。1科目または数科目のみの履修はできません。(表1)
    2. 履修年次及び再履修
      プログラムの各科目は,配当年次にしたがい履修することとし,不合格となっても再履修することはできません。
    3. 単位上限
      プログラム科目の履修は,各セメスターの履修単位の制限内になります。
    4. 単位認定
      プログラム科目で修得した単位は,経済学科では専攻科目:選択科目の,また現代ビジネス学科では自由選択科目の,それぞれ単位として認定され,卒業要件単位に算入されます(表2)。
    5. 修了要件単位数
      1年間コースは、「コンピュータ演習Ⅰ~Ⅳ」の4科目8単位を,また2年間コースは「コンピュータ演習Ⅰ~Ⅷ」の8科目16単位を,それぞれ修得するものとします(表3)。
    6. 2年間コースの継続
      2年間コース受講者に対して,2年次の1月ころに,継続の有無についてのアンケートを実施する予定となっています。

【表1】インテンシブ・プログラム〔情報〕履修コース

■1年間コース(データ処理・分析重点コース):開講曜日時限
  コンピュータ演習I・II コンピュータ演習III・IV
A コース 水曜日1時限 水曜日3時限
B コース 水曜日2時限 水曜日4時限

※水曜4限:経済学科の英語コミュニケーションと重複(経済学科2年次生のほぼ半数が該当)

■2年間コース(プログラミング重点コース):開講曜日時限
  コンピュータ演習I・II コンピュータ演習III・IV
2年次コース 金曜日3時限 金曜日1時限
  コンピュータ演習V・VI コンピュータ演習VII・VIII
3年次コース
(2019年度予定)
金曜日4時限 金曜日2時限

※3年次コースの開講曜日時限は、変更となる可能性もあります。

【表2】インテンシブ・プログラム(情報)科目の卒業要件に含まれる部分

※経済学科
入学年度 授業科目
共通教養科目 共通教養科目計 専攻科目 専攻科目計 自由選択科目 合計
共通基盤科目 共通テーマ科目
FYS 第一外国語 人文の分野 社会の分野 自然の分野 人間形成の分野 グローバル経済を学ぶ 社会と人間 科学技術と社会 生と死を考える 公共の新しいかたちをもとめて 学科基本科目 コース指定科目 コース科目 選択科目 関連科目(8可)
2014年度以降入学者 2 8 4 4 4   2 32 16 36 34 86 10 128
8  
 
※現代ビジネス学科
入学年度 授業科目
共通教養科目 共通教養科目計 専攻科目 専攻科目計 自由選択科目 合計
共通基盤科目 共通テーマ科目
FYS 第一外国語 第二外国語 人文の分野 社会の分野 自然の分野 人間形成の分野 グローバル経済を学ぶ 社会と人間 科学技術と社会 生と死を考える 公共の新しいかたちをもとめて 学科基本科目 コース指定科目 コース科目 選択科目 関連科目(8可)
2014年度以降入学者 2 8 4 4 4 4   2 34 16 36 32 84 10 128
6  
 

【表3】インテンシブ・プログラム〔情報〕修了要件

■1年間コース(データ処理・分析重点コース)
2年次 修了要件
単位数
授業科目 単位
コンピュータ演習Ⅰ(前) 8単位
コンピュータ演習Ⅱ(後)
コンピュータ演習Ⅲ(前)
コンピュータ演習Ⅳ(後)
■2年間コース(プログラミング重点コース)
2年次 3年次 修了要件
単位数
授業科目 単位 授業科目 単位
コンピュータ演習Ⅰ(前) コンピュータ演習Ⅴ(前) 16単位
コンピュータ演習Ⅱ(後) コンピュータ演習Ⅵ(後)
コンピュータ演習Ⅲ(前) コンピュータ演習Ⅶ(前)
コンピュータ演習Ⅳ(後) コンピュータ演習Ⅷ(後)
  1. プログラムの各科目は,配当年次により履修修得することとし,不合格となっても再履修することはできない。
  2. 1年間修了コースでは「コンピュータ演習Ⅰ~Ⅳ」の8単位を,また2年間コースの場合は「コンピュータ演習Ⅰ~Ⅷ」の16単位を,それぞれ修得するものとする。

II インテンシブ・プログラム〔情報〕の講義概要と履修者の確定方法

  1. 1年間コース(データ処理・分析重点コース)の内容
    1. 表計算ソフト:Excelの活用を中心に,データ処理・分析に重点をおいた内容となっています。
    2. 2年次前期(第3セメスター)では,コンピュータ演習Ⅰで, Access とExcelのVBA (Visual Basic for Applications)を学習します。同時に,コンピュータ演習Ⅲにおいて,経済情報処
      理Ⅱで学習した内容を活かして,Excelでデータを処理する方法や視点を学びます。
    3. 2年次後期(第4セメスター)には,コンピュータ演習Ⅱで演習Ⅰに引き続きExcelのVBAの学習を行うなかで,プログラミングの基礎を学ぶ一方で,コンピュータ演習Ⅳでは,Excelを利用したより高度なデータ分析や処理の方法について学習します。
  2. 2年間コース(プログラミング重点コース)の内容
    1. 2年間コースでは,エンドユーザーとして必要なプログラミングの知識を習得することを目的としています。具体的な最終目標は,簡単な「お絵かきソフト」や「買い物サイト」などを作成することです。現行のインテンシブ・プログラム(情報)の3年次コース(コンピュータ演習Ⅴ~Ⅷ)の内容を2年間かけてじっくり学習し,現在の内容よりも高度な水準に到達することを目標としています。
    2. コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱで、AccessとExcelのVBAを学習する一方で、コンピュータ演習Ⅲ・Ⅳでデータベースについて学びます。
    3. 3年次のコースでは,コンピュータ演習Ⅴ~ⅥでVB.NETの活用を,またコンピュータ演習Ⅶ~Ⅷでデータベースの設計やe-コマースへの活用などについて,それぞれ学ぶことになる予定です。
    4. 2年間コースを履修する場合,以下の条件を満たすことが望ましいと考えられます。
      1. 自身のパソコンを所有し,自宅でも自習ができる環境をもっている。
      2. 教員に対して,メール等で質問を積極的に行うことができる。また,教員のWebページ(dotCampus
        など)を少なくとも週に1回は確認できる。
  3. 【表4】 2017年度入学者を対象としたインテンシブ・プログラム(情報)の内容

    ■1年間コース(データ処理・分析重点コース)
    2年次前期 演習Ⅰ Accessの基礎
    Excelの応用・VBAの基礎
    演習Ⅲ Excelを利用したデータ処理
    2年次後期 演習Ⅱ ExcelのVBA(含:プログラミングの基礎) 演習Ⅳ 基本統計量の計算(Excelを使用)
    ■2年間コース(プログラミング重点コース)
    2年次前期 演習Ⅰ AccessとExcelのVBA(基礎) 演習Ⅲ データベースの基礎
    2年次後期 演習Ⅱ ExcelのVBA(応用) 演習Ⅳ データベースの応用
    3年次前期 演習Ⅴ VB.NETの基礎 演習Ⅶ e-コマースの基礎
    3年次後期 演習Ⅵ VB.NETの応用 演習Ⅷ e-コマースの応用
  4. 履修希望の応募方法

    登録方法について

    1. 「Webst@tion」にアクセスし,「個人ポータル画面」を開いてください。(履修登録の画面と同じです。)
    2. 「リンク」に開設されている「アンケート」に進んでください。
    3. 「アンケート名」の「経済学部 インテンシブ・プログラム(情報)の登録」に進んでください。
    4. 画面の指示にしたがい,「登録を終了いたしました。」まで進んだら登録の終了です。
    5. 選択は,以下の3つです。
      • 1年間コースのAコース(水曜日1時限・水曜日3時限)の履修を希望します。
      • 1年間コースのBコース(水曜日2時限・水曜日4時限)の履修を希望します。
      • 2年間コース (金曜日1時限・金曜日3時限)の履修を希望します。

    [登録期間]
    2017年12月21日(木) ~ 2018年2月14日(水)(締切厳守)

    ☆登録方法が不明な場合は,学部大学院課までお越しください。
    ☆講義内容や応募上の留意点などに関する問い合わせ先:佐藤睦朗研究室(1-617研究室:一号館6階)

  5. 履修許可者選抜方法
    1. 1年間コースの定員は,各コース30名,また2年間コースは20名です。1年間コースの総定員は,60名となります。1年間コース、2年間コースのいずれも希望が定員を超えたコースの抽選を行います。
    2. 履修許可者の学籍番号および履修を許可されたコース名については,4月初めに2号館横の経済学部掲示版に掲示します。また,Webst@tionの履修登録画面では,該当する曜日時限にインテンシブ・プログラム(情報)の講義科目が表示されます。