メニュー 

教育方針

経済学部では、経済社会やビジネス活動メカニズムや原理を学び、専門的な知識を身に付けると同時に、ダイナミックに移り変わる現代社会においてその知識を実践的に活用する力を養うことを、その教育方針としています。

経済学科

経済学科の特徴は、経済学の基礎理論をしっかり学び、カリキュラムの中から各自の興味にしたがってさまざまな現実問題を学ぶと同時に、より専門的な経済問題について充実したゼミナールで学べるところにあります。

専門の知識を得るだけではなく、幅広い学識や教養を身につけることで、現実のさまざまな問題について適切な判断力を下せる人材を育成することを、経済学科では目標にしています。

現代ビジネス学科

国際経済社会の中心である企業の経営活動について、貿易・ビジネス・マーケティング・会計をはじめとしたさまざまな分野から学修し、企業経営の観点から現代経済をとらえる実践力を養成します。

経営マネジメントだけではなく、経済理論を踏まえ、企業経営と労働・消費・金融・国際経済などとの関係を学ぶことにより、幅広い知識と総合的な判断力をもった人材の育成を教育目標としています。